僕が実践している「聞く力」を身につけた3つの方法

スポンサーリンク
Uncategorized

こんにちは、mokomithiでふ。

みなさん「聞く力」養えてますか?

1日に仕事やプライベートで人と話す機会があると思います。

「聞く力」を身につけるということは、そういう人ともっと円滑なコミュニケーションを取れるようになります。

実際僕も今までなんとなーく聞いていました。

しかし、いろいろ意識しながら接すると自然と良い関係になることができました。

ここでは僕が実践している「聞き方」を書きます。



 

1.リアクションをする

リアクションがあると話し手を気持ちよくすることができます。

実際話していてリアクションを取ってくれる方にはもっと話したいとなりますよね?

ホストやキャバ嬢がしているようなやつです。

僕は最初バカみたいにオーバーにリアクションしていました!

慣れてくるとリアクションの強さは調整できるようになるのでとりあえず

「へー!!そうなんですね!!」

と言ってみてください。

2.復唱し、共感する

これは相手が言ったことをそのまま復唱して共感する方法です。

これができると、相手は「ちゃんと話を聞いてくれている」と安心感がでます。

例えば、

「昨日渋滞でなかなか車が進まなくてイライラした!」

⇨「渋滞だったんですねー、渋滞イライラしますよね!」

「昨日は家で1人だったので寂しかったです」

⇨「家で1人だと寂しくなりますよね」

という風に相手が言ったことを繰り返しましょう。

他にも相手の仕草や行動と同じことをする「ミラーリング」なども効果的です。



3.心の中にある感情を引き出す

これは少し難しいですができるようになるとかなり距離を縮めることができます。

最初は聞く練習をするのですが、

それが進んでくると次はその人が心の中に抱え込んでいるものを引き出せるステップへ進みましょう。

相手が「痩せたいんですよねー」

と言ってきたとします。

そしたら、まず共感復唱し、

「なんで、痩せたいと思ったんですか?」

「痩せたいと思った瞬間っていつですか?」などなんでそう思ったか、痩せないとどう影響があるのか?

そうすると、「履けてたズボンが履けなくなったので履けるようになりたいんです」

「痩せて、異性にモテたい」など人によって様々なことが返ってきます。

これは痩せることが目標ではなく、

モテたい、ズボンを履けるようになりたい。など本当の目標を聞き出すことができます。

普段の会話でここまでする必要はないかもしれませんが、練習としていろんな人に質問し、潜在意識を呼び起こしてあげてください。

 

4.最後に

人間関係で悩んでいたりする人は多いです。

そんな人の役に立てればうれしいです。

今この瞬間から試せるのでよりよりコミュニケーションを取れるようにしていましょう!



コメント

タイトルとURLをコピーしました