できる人のスケジュール管理法 3つ

スポンサーリンク
Uncategorized

mokomithiです😊

今回はできる人がしているスケジュール管理法について3つ話します。



1・終わりの時間を決める

これは単純でいつまで、何時までに作業を終わらせるというのを決めるということです。

これは会議などで例えると、

今日の会議は「2時間」というふうに決めておくと自分もそうですが相手にも良い事がたくさんです。

シンプルに次の予定が立ちやすくなります。

次の予定にスムーズに進めるとその次の予定もしやすくなるからです。



2・〆切効果

これは1つ目に似ているんですがこの〆切効果があるとクリエイティビティが生まれ生産性が上がります。

例えば待ち合わせの30分前に場所に行くとします。30分という制限時間があると効率が上がり普段している量より出来てしまいます。

時間配分を基本30分にすると良いです。30分単位で動くと管理しやすくなります。余った時間は自分の時間に当てることもできます。



3・午前中に終わらせる

できている人に何時に起きているか問うと大体朝早く起きています。

朝の4、5時には起きて10時くらいにすべき事を終わらせているみたいです。

これは午前中に終わらせると午後自由に使いまくれるというメリットがあります。

体調も良くなるみたいです。

普段お仕事が遅くてそんなのできないって方は普段起きてる一時間前に起きてみてください。

その時間に本を読むなり活動してみたください。

最後に

人生とは時間そのものです

どういう風に時間を使うかで人生変わります。

テレビやYouTubeを見る時間も大切ですが自分に使う時間を有意義にしてください。

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました