習慣化が上手くいかない方へ

スポンサーリンク
Uncategorized

新しい事を始めてもなかなか続かなくて習慣化できない人ってかなり多いです。

習慣化とはパターン化された行動の事を言います。

しかし頭では分かっていても実際は難しいですよね。

その問題はあなたにあるのではなく仕組みにあります。

その仕組みについて解説します。



習慣とはアイデンティティー

習慣とは何か??

「学習によって後天的に獲得され反復によってパターン化された行動」

例えば朝起きたらまずスマホをチェックする、靴下は右側から履くなど。

現在のあなたの習慣を型作っているものは、

自分に対する認知と実際に自分がとる行動との関係にあります。

習慣はアイデンティティに直結します。

アイデンティティとは「自分が自分自身に持っている信念」の事です。

意識的であれ無意識的であれ人は「自分は〇〇である」と自分について信じていることが瞬間的な行動に結びついています。

アイデンティティと行動の間には相互作用が働いています。

ではどうすればアイデンティティを変え良い習慣を作っていけるのか。



自分はどうなりたいのか、そうなるための仕組み作り

現在自分がどのようなアイデンティティを持っているのか、未来の自分がどんなアイデンティティを獲得したいのかをハッキリさせることが重要です。

習慣化のための行動を起こす前に現在の自分のイメージをなりたい自分のイメージになるだけ近づけておく必要があります。

つまり、なりたい自分になった状態を思い描き、なり切ってみることが重要です。

そのうえで行動の習慣化は4つのステップに沿って進めていきます。

・きっかけ・欲求・反応・報酬の4つです。

要約すると、、

きっかけが欲求を生み欲求が反応に結びつき反応が報酬をもたらし報酬によって欲求が満たされ再びきっかけに結びつく。という流れです。

行動変化の4つの戦略

行動変化の4つをより実践的な形に落とし込んだものです。

具体的には、、

1・はっきりさせる

2・魅力的にする

3・実行しやすくする

4・満足できるものにする

という4つの戦略です。

一つづつ解説していきます。



 

1・はっきりさせる

何についてハッキリさせるのかというと

・現状の習慣について

・獲得する習慣の意図

・実際にその習慣がどのように実現されるのか

例えば、運動を習慣化したい場合

・運動するようにすると決める代わりに、

・運動不足を解消するために、

・月曜、木曜、日曜の、

・5時から1時間、

・ジムで運動する

というように、いつどこで何をするというような具体的な行動を意図することが重要です。

 

2・魅力的にする

魅力的にすることで欲求を刺激することができます。

欲求を刺激するとモチベーションが高まり行動がなが続きしやすくなります。

方法として例えば、、

スマホのゲームをしたいけれど腕立て伏せを30回してからスマホを見るというように

自分がしたい行動としなければならない行動をセット化することで習慣化したい行動をすると共に自分の欲求も満たされるといったパターンを作りましょう。

 

3・実行しやすくする

人間の脳は必要な労力が最も少ない選択肢を自然に選びます。

なので一般的に難しい行動よりも易しい行動の方が長続きしやすいです。

そこで新しい習慣を見につけたい場合はまず行動の内容を優しくすることにやって抵抗を減らすことができます。

例えば、

ランニングを1時間習慣化させる場合、まず最初の段階は靴を履き外に出る。

これから始めましょう。その後少しずつ時間を伸ばしていけば習慣化に近づきます。

 

4・満足できるものにする

人間は行動の結果として自分の欲求を満たすことが繰り返しできればその行動を継続しやすくなります。

方法として、習慣化したい行動ができたら、好きな物を買ったり誰かに褒めてもらうなどして、

できるだけすぐに報酬を得られるようにしましょう。

あとは自分の行動を第3者に監督してもらうという方法も有効です。

例えば親、友人、今だったらsnsなどを活用して誰かに自分の実行を宣言、共有してもらいましょう。

すると、約束を守ろうとする人間の心理が働きなが続きしやすくなります。

最後に

習慣化というのはかなり難しいと思います。

自分も苦手です。

まずは意識から変えてみましょう。

意識→行動→習慣→体質→運命

という風に変わっていきます。

運命を変えてやりましょう😊

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました