すぐやる人が全てを勝ち取る

スポンサーリンク
Uncategorized

現代持っておくとかなり有利になります!!

何かしらの分野で成功している人にはこの考えを持っている人が多いです。



すぐやるとは

すぐやるとは諸凸猛進のような何も考えずに動き出すと思われがちで、

しっかりと考えてから動いた方が成功率は高くなるとも考えられますよね。

しかしこれらは間違った考えだと思います。

諸凸猛進な行動の方がなんなら考える量はかなり多くなります。

まず行動する事で考える量は増えます。

行動していると必ずといっていほど壁にぶち当たります。

動き始めるとうまくいかなかったり想定とは違う内容になってしまいます。

しかしこの壁にぶち当たるとは思考開始の合図でもあります!

この壁を越えるための策を考えるからです。

行動しない人は対策や準備に時間をかけすぎて無意味な時間を過ごしてしまいます。

時間は有限ですのでまず行動してみて自分が実際に見た課題に対して取り組むようにした方がいいです。

思い立ったら吉日という言葉があるようにその時がモチベーションのピークです。

とりあえずやってみて、壁が出てきたらそれに対策を考えまた次の壁に挑みましょう。



どうやってやるか??

1・完璧主義をすて着手主義を自分自身にインプットする

完璧主義な方はアウトプットの品質は高めますが、この考えは動き始めに関しては邪魔になります。

成長の速度を考えると遅延を生み出します。

これの代わりに

着手主義という考え方を取り入れましょう。

完璧に準備する必要は一切なく、着手する事が偉いという考えに変えます。

これは取り掛かりの時だけ意識してください。

取り掛かると様々な課題がたくさん見えてきます。

2・すぐやることによる成功体験を積み重ねていく

すぐやることのメリットを身をもって体感していく中で

すぐやった方がいい、やらないと後悔するという考え方が染み渡っていきます。

自分は何かをするときにカウントダウンをしています。

5、4、3、2、1という風にな、何かの選択でまやった時はすぐやるようにしています。

結構これオススメです。



最後に

すぐやる人とそうでない人では大きな差が出ます。

これは明日、いやいますぐに実践できることなので今すぐしてください。

人生変わりますよ😊


コメント

タイトルとURLをコピーしました