繊細で傷つきやすい人へ 〜改善方3つ〜

スポンサーリンク
Uncategorized

・人といると疲れてしまう

・顔色の変化に反応してしまう

・細かいことに気づいてモタモタしてしまう

このようなことに当てはまる人は人よりも繊細であるという性質をもっているかもしれません。

そうした性質を抑えるのではなく、うまく付き合うことで自分らしさを取りもでしましょう。



繊細な人 HPS とは

繊細な人は感じる力が人よりも強いです。

自分の外側・内側で起きていることによく気づく事ができます。

感じる力が強いのは一見いいようにも思えますが、当の本人たちはそのせいで普通の人よりも疲れやすく、傷つきやすくなっています。

例えば、

次に挙げる項目が当てはまる事が多いなと感じたら、そもそもの性質として繊細な心を持っていると考えてください。

1・他人の気分に左右されやすい

2・忙しい後は引きこもりたくなる

3・音、光、匂いに敏感に反応

4・情報量が多いと混乱する

5・環境や顔色の変化に気付く

人より敏感に物事に反応する人は、一定数存在し5人に1人と言われています。

なので珍しい話ではありません。

そのため自分の性質を理解しておくことは重要です。

なぜなら自分がそもそも人よりも繊細な性質を持っているという事実を知らないままでいると、

周りの人と違うということに訳もわからず苦しみ続けないといけないからです。

ではそういった自分とどうやって向き合えばいいのか??



繊細な自分とどう向き合うべきか

一番やってはいけないのが

「自分の心を殺す」ことです。

なるべく自分の心を「無」の状態に保とうとしてしまうこと。

自分にとって悪いものだけでなく、良いものまで全て感じ取れなくなってしまいます。

自分らしさとはなんなのかわからなくなり、生きているという実感さえも失ってしまいます。

なので、何も心を閉ざして自分を殺すといった極端な道に走る必要はありません。

自分を殺すことなく、むしろ自分らしさというものを発揮し、この社会の中で生きやすくなれるようにヒントを教えます。

繊細な自分と上手に付き合う方法

①人といるときは自分のペース守る

繊細な人は相手の顔色や機嫌に敏感に気づき、そして反応してしまいます。

相手の表情が少し曇ったら何か悪いことを言ってしまったかな、と心配になったり

相手の機嫌が悪そうだったら自分のせいではないかと気にしてしまったり

人といるだけで消耗してしまいます。

なぜそのように反応してしまうのかというと、

気付いてしまうのはもちろんのこと、

相手も自分と同じように気付いているものだと思っているからです。

しかしそのように敏感に気付いているのは繊細であるという自分の性質が理由です。

つまり周りの人は気付いていないし、気にしていないのです。

繊細な人はこれを知らない事が多いです。

なのでまず、「自分は人より繊細なだけ」と思うようにしてください。

その後自分のペースというものを守るようにしましょう。

 

②半径50センチ以内を快適にする

自分が持つ範囲のアンテナを狭めてみましょう。

繊細な人は普通の人よりも広い範囲かつ細かい範囲にまで意識が向かっています。

これが結果として自分を苦しめています。

そのときこの考えを取り入れてください。

意識があちこちに行ってどんどんエネルギーを消費するのを防ぎます。

このくらいコンパクトにするのがちょうど良いです。

 

③繊細な自分の五感を労る

繊細な人は、

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚という五感が敏感です。

どの感覚が敏感かは人によって異なりますが、自分の中で特に敏感な感覚への対処をするだけで日中のエネルギー消耗量がジェリ楽になります。

この中でも、視覚、嗅覚、聴覚が敏感な人が多いのでその対策を紹介します。

 

視覚が敏感な人は視野に入る動きに敏感に反応してしまいます。

場所を選ぶときはなるべく、視界に物が入ってこないような場所を選びましょう。

 

聴覚が敏感な人は些細な音にも敏感に反応してしまいます。

耳栓やノイズキャンセリングなヘッドホンをつけるようにしましょう。

 

嗅覚が敏感な人は様々な匂いに対して敏感に反応してしまいます。

マスクをつけ人混みは避けると言った対処をしてみてください。

 

最後に

これを書いていて自分も当てはまるなと思いながら書いていました。

しかし無意識にそれをきずき自分はプラスに考えていました。

今回は繊細な個性をどちらかと言えば抑える方法を紹介しましたが、

逆に生かしていくことも一つの手かなと思います。

とりあえず、自分の性質を知り生きていく事が重要だと思います😊

 

 

 

 

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました