未来把握 〜大リストラ時代に生き抜く方法〜

スポンサーリンク
Uncategorized

未来把握、今後スキルを身に付けないといけなくなります。

明日台風、地震が来るとなったら対策しますよね??

そういう状況です。

なぜ自己変革、スキルを身につけて行かないといけないのか??

ホワイトカラーの大リストラ時代

ホワイトカラーっていうのはサラリーマンたちのことです。

サラリーマンたちがどんどんリストラされています。

これは今後減ることはないと思います。

国や企業は守ってくれません。これは国や企業が言っているので明らかです。

国は企業に「定年雇用努力」を義務化しました。

これがどういうことかというと、

「あなたの従業員の将来は国は面倒見れません」「なので雇い主が従業員の将来、70歳までみてください」

というものです。

もう一つは、

何で国が守ってくれないかというと麻生さんが言っています。

「老後は年金に頼らず、自分で3000万貯めてくれ」

これは年金はもらえない、もらえたとしても生きていける金額ではないということです。

 

それに対して企業はどう思っているのか、、

経済界のトップである、トヨタの社長、経団連会長が「終身雇用は無理」と言っています。

ということは、従業員の将来は見れないと言っていることと同じです。

大手に勤めて終身安定は昔の考えかもしれません。

今後はスキルがないとクビになる時代です。

これから結婚、育児、住宅、車、介護、老後というようにお金がかかってきます。

その中で本当に自分の老後に3000万貯まるのか?不安になりますよね?

国にも会社にも頼らない、頼るのは自分しかいないというスタンスを持ってください。

そういう危機感がないとスキルを身につけようとしません。

サラリーマンはリストラされます

サラリーマンは数年後必ずリストラされます。

それは高齢化による肩車時代になっているからです。

昔は1人の高齢者を騎馬戦のように何人かで支えていました。

それが1人の高齢者に対して1人が支えています。

30万円給料があるとしたら15万円おばあちゃんにあげてください、なのに3000万貯めてくださいということです。

かなり無茶な話ですよね。

 

国産のものは高い、中国産のものは安く簡単ですよね。

これからわかるように日本人の価値は落ちてきています。

コンビニ、工場、介護いろいろなところに外国人が溢れていますよね?

外国人雇用により賃金も上がらない上に日本人価値は低くなる。ということです。

AIというなのライバル

AIは人間の仕事をほとんど取ります。

みずほ銀行は自動化による大量解雇しています。

情があるからとかではどうにもなりません。

株主はあなたを知りません、だから機械化されればあなたは不要になります。

 

今は国も企業も責任のなすり付け合いをしています。

どちらもあなたを助けてはくれません。

これが続けば数年後家族を守るどころかホームレスか出稼ぎ時代になります。

今回未来把握が少しでもできたと思います。

次回はその自己変革の準備段階になるのでそのコツを教えます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました