話し方のスキル 文章構成の手法

スポンサーリンク
Uncategorized

今回はトークスキルについてお話しします。

話し方が上手なだけで全てがうまくいくと思っています。

CREC法

CREC法とは、

結論、根拠、事例、結論

この順序で話していくことです.

 

では、どういう時に使うか?

・相手に伝わりやすい、印象に残す文章を作る時のテンプレート

・伝えたいことを簡潔かつ整理できる

これができるのとそうでないのは全然違います。

 

今YouTubeで喋る機会が増えている方や文章を書きたいと思ってる方もこれを意識しながらできると内容が入ってきやすくなります。

台本作成

・設計の重要性

設計図なしに家は建てられませんよね?

設計図がないと土台がぐらぐらになるのですぐ崩れます。

・作り方

①聞き手の問題点、どんな不を抱えているのか?

②これを聞いて得られるメリット書き出す

③まとめていく

・台本作成手順

①アイデアだし、思いついたことを全部書き出す、忘れないように

②結論、骨組みを作る

③まとめ、根拠事例を作る

BFAB法

・BFAB法とは?

Benefit(有益性)

Future(根拠特徴)

Advantage(現状の差異)

Benefit(利益)

構造がCREC方と似ていますね。

これはより営業に特化した方法です。

 

・どういう時に使うか?

営業、プレゼンテーションの時に使います。

 

・具体例

弊社のSNSシステムを利用して頂ければ広告費削減で1億。更なる売り上げ見込みで1億。合計2億の利益が見込められます。

なぜなら、SNS集客は広告費がかかりません、またインスタグラムによってリピーターを増やしたり新規呼び込みにもなります。

ですが現状御社では広告費をホットペッパーやグルナビに膨大な金額をお支払いしているとお聞きしました。ですが広告費を支払っていてもあまり来ないという現状になっているのではないでしょうか?

そのため弊社のSNSシステムを使って頂ければコストはかかりません。広告費はかからないし更なる売り上げも見込めます。

 

この順番で喋ることで興味を引くことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました