継続スキルの付け方

スポンサーリンク
Uncategorized

スキルというのは継続なくしては得ることはできません。

「千里の道も一歩から」です。

成長の継続にモチベーションはいらない

何かをする時によく聞くことがあります

「モチベーションが続かない」「なかなかモチベーションが上がらない」

など聞くことが多いです。

継続するには継続スキルが必要です。それは仕組み化です。

学んで知って行動して、インプットしたものをアウトプットします。

それを継続してその中に失敗や成功があります。その時にモチベーションがあると失敗した時戻って来れなくなります。

コンビニの店員だとレジ打ちをして品出しをします。これにモチベーションは関係ありません。

モチベーションが高かろうが低かろうが業務をこなします。

これはコンビニのマニュアルがしっかりしているからです。

この仕組み化、マニュアル化がかなり大事です。

モチベーションというのは株価と一緒です。

ではどのように継続させるか。

継続するには時間が必要

その時間の確保が大事です。

時間にはうまい使い方と下手な使い方があります。

1日は誰にでも1秒も狂わずに平等にあります。ビルゲイツもイチローも自分も。

これをうまく使っているかでスキルの身につき方が変わります。

では何をするか、、

それはスケジューリングです。

これの付け方を間違っている人が多いです。

スケジュールというのは予定表ではありません。行動表にしてください。

タスクごとに制限時間をしっかり書くのと行動を入れます。

その入れたスケジューリングどうり動いてください。

この時間はどこに行く、何をするという風に。

重要性・緊急性をきっちりと分けること

紙に1日にしていることを書き出してこのフレームワークに入れていってください。

結論から言うとこのABCDの中で増やすべきなのはBです他は減らしてください。

8時間で木を切る時間を与えられたら5時間は斧を研ぐことに使ってください。

時間には2種類ある

生産可能時間と非生産時間の2種類です。

隙間時間の活用法が下手くそな方が多いです。

非生産時間を徹底的に排除してください。そのできた時間を生産可能時間に変えてください。

移動時間にできることをわざわざオフィスでしないでください。

あとは一度あった人と継続的につながってください。

人と一度会っただけだと記憶には残りづらいです。

必ずSNSで繋がってください。

そこで学んだこと得た知識をブログなどにアウトプットまでしてください。

ここまでできて時間をうまく使ったことになります。

次回はマインドセットに関して発信します。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました