もっと相手にうまく伝える方法

スポンサーリンク
Uncategorized

相手にうまく伝えるにはステップが4つあります。

前回お伝えした「要するに」「例えば」もここに入ります。

1・抽象

2・具体

3・例(類似性)

4・まとめ、集約

の4つです。

 

例)健康とは

精神的にも肉体的にもストレスがなく暮らせていること。

これは人によって様々だが

例えば、僕で言うと

友人と運動をしている時、肉体的にも精神的にも満たされていて健康だと言えます。

要するに、健康とは肉体的精神的共に満たされている状態。

この例に関しては伝える相手によって、わかりやすい例に変える必要があります。

そのためにはワードの引き出し、経験を増やす必要があります。

自分がどのように説明されたらわかりやすいか??

これに尽きると思います。

おそらくトップセールスマンの方はこれを使っていると思います。

伝える力がなぜ必要か?

なぜ伝える力が必要か?

そもそも伝える力がなければお客さんに使ってもらえないです。

これはビジネスだけではなく人間関係でも大事です。

上司に提案するときも提案する力がなければ製品が良くてもOKサインは出ません。

伝える力があれば全員にプラスになります。

会社にも自分にも相手にも。

何回もしていくことで無意識に例えやまとめる力が付きます。

こんなこと言っている自分もまだまだなので一緒に身につけましょう😊

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました